2010年03月31日

無資格で会社分割を提案 弁護士法違反の疑いで、コンサル会社など家宅捜索(産経新聞)

 東京都中央区の経営コンサルタント会社「ドリームグループ」の元幹部ら2人が、資格がないのに弁護士業務を行い報酬を受け取ったとして、警視庁保安課は30日、弁護士法違反(非弁行為)の疑いで、同社と関係先など計8カ所を家宅捜索した。

 同課によると、同法違反の疑いが持たれているのは、ドリーム社のグループ会社の社長だった男性(43)と、別のグループ会社の男性役員(36)。

 2人は弁護士資格がないにもかかわらず、昨年3月24日、中央区の事務所で、埼玉県川口市の玩具製造メーカーの男性社長と業務委託契約を締結。司法書士に同メーカーの会社分割手続きを行わせるなどして、報酬約680万円を受け取った疑いが持たれている。

 同課によると、2人は男性社長に「事業再生への道」と題した資料を渡し、会社分割を提案。同メーカーは2社に分割されたが、いずれも昨年7月に破産している。

 破産管財人が10月に警視庁へ相談し、被害が発覚した。同課は、2人が他にも同様の行為を行っていた可能性があるとみて、資料の分析を進める。

【関連記事】
資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕
民主調査チーム 疑惑解明を妨害する気か
司法修習生3・6%が落第 11月の卒業試験で
偽装結婚させた弁護士に有罪 大阪地裁
「弁護士バー」身内が待った 「民間との仲介業は法に抵触」

日露戦争のロシア人捕虜弔う…松山(読売新聞)
<自民党>鳩山邦夫氏の離党届受理 参院選にらみ処分できず(毎日新聞)
郵政改革、官への先祖返り=大島自民幹事長(時事通信)
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診(産経新聞)
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
posted by ムラオカ マサノリ at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

新種の小型肉食恐竜化石=鳥に類似、中国で発見(時事通信)

 中国内モンゴル自治区のゴビ砂漠、約7500万年前(白亜紀後期)の地層から、鳥類に近い小型肉食恐竜ドロマエオサウルス類のほぼ完全な全身骨格化石が見つかり、新属新種に分類された。英ロンドン大や中国古脊椎(せきつい)動物古人類研究所などの国際研究チームが20日までに国際動物学誌ズータクサに発表した。
 「リンヘラプトル」と名付けられた化石は、全長が約2.5メートル、体重が約25キロと推定される。ドロマエオサウルス類らしく、足に巨大なかぎつめがあるのが特徴。素早く動き、草食恐竜などを捕らえて食べていたとみられる。
 化石の保存状態は非常に良く、同類の進化過程や、当時の環境を解明するのに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見
白鵬関が結婚式
無登録でモンゴル投資募る=100人から5億円超集金か
国内初、角竜類化石を発見=トリケラトプスの起源か

<火災>倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市(毎日新聞)
覚せい剤使用容疑で追送検=JAYWALK中村容疑者−「口から飲んだ」・警視庁(時事通信)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
「薬物事件、趣旨に合わない」と裁判員=密売の男に実刑判決−横浜地裁(時事通信)
<参院選>香川選挙区に岡内氏 民主と社民が共同推薦(毎日新聞)
posted by ムラオカ マサノリ at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)

 山口県岩国市の山陽自動車道玖珂―岩国インターチェンジ(IC)間上り線で23日夜、軽自動車が逆走し、運転していた岩国市本郷町本郷、無職増野義雄さん(82)が死亡した。

 警察庁によると、高速道路の逆走事故は2009年に16件(前年比1件増)起きており死亡者は4人(同3人増)。うち10件は65歳以上の高齢ドライバーによる事故だった。東日本・西日本高速道路によると、事故に至らなかったケースも含めると、逆走は08年に701件(同5件増)発生している。

 西日本高速道路によると、高速道路に入る際、インターチェンジ(IC)の料金所通過後にある分岐で、目的地とは違う進入路に入ってしまい、引き返してくるケースが42%と最も多い。さらに本線上まで入ってから目的地とは違う方向に走っていることに気付き、Uターンして逆走したのが36%と続く。サービスエリア(SA)やパーキングエリアで、入り口から本線に逆戻りするケースも22%ある。

 同社によると、逆走事故の47・7%は65歳以上の高齢ドライバーが占め、一般の交通事故で高齢者が占める割合(4・8%)を大幅に上回っているのも特徴だ。ほとんどの場合、勘違いや不注意が原因だという。

 鹿児島市の指宿スカイラインでは今年1月7日、IC付近を逆走した男性(82)の乗用車が2台の乗用車と相次いで衝突、男性は死亡、4人が重軽傷を負った。同18日には、熊本県氷川町の九州自動車道で、軽自動車の78歳女性がSAから本線を約13キロ逆走。女性は高速道を運転している認識すらなかったという。

 逆走事故の多発を受け、西日本高速道路では、管内のICやサービスエリアの出入り口などに約430基のセンサーを設置、逆走を感知すると表示板に「逆走もどれ」などの警告が表示される。また自動車メーカーと連携し、逆走すると車内に音声で警告を出すカーナビゲーションシステムなどの開発も進めている。

 同社の担当者は「道路の安全対策などの整備は進めているが、一番の防止策はドライバー自身が注意を怠らないこと」と話している。

新型インフル向けワクチン234万人分、今月末に期限切れ(産経新聞)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
<連立政権>社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み(毎日新聞)
【風】学用品・通学・部活…かさむ費用(産経新聞)
<殺人未遂>看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い(毎日新聞)
posted by ムラオカ マサノリ at 12:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。